生きたまま腸に!一番身近な乳酸菌「ヨーグルト」の素晴らしさ!

私達の健康を維持するためには、実に多くの栄養が必要なものです。
最近風邪をひくことが増えてきたと感じた場合、まず最初に思いつくのは「ビタミンC」の摂取ではないでしょうか。

ビタミンは、確かに健康に欠かせない大切な栄養であることには間違いありません。
しかし、「体調管理=免疫力強化」といった繋がりを考えますと、ビタミンに負けず劣らず、大変重要なもう1つの栄養素があるのです。
それは、近年盛んに言われている、「腸内環境」の改善です。

私達の腸内には、善玉菌と悪玉菌というものが存在しておりまして、字のごとく、善玉菌は良いもので悪玉菌は悪いものと言われています。
そのため、良い菌である「善玉菌」の割合を増やしていくことが、健康維持に大変意味のあることなのです。
そんな、私達の体に必要不可欠な善玉菌を育ててくれるのが、皆さんご存知「乳酸菌」です。

さて、この「乳酸菌」ですが、様々な方法で体内に摂取することができますよね、例えば、キムチや味噌などの乳酸菌が多く含まれている食品を食べても良いですし、サプリメントで補っていくことも、気軽に摂取できる1つの方法です。
このように、人それぞれで取り入れ方は異なるかと思いますが、多くの方が食事として毎日続けている食品の代表は、何といっても、その種類の豊富さが益々加速した「ヨーグルト」ではないでしょうか。
「生きたまま腸に届く」というフレーズを、目にすることがとても多くなったと思います。

何故ヨーグルトが良いのかと言いますと、自分が気になる病気の症状ごとに、使い分けができることにあります。
例えば、明治ヨーグルト「R-1」は、インフルエンザなどの感染症に効果を発揮し、森永「ビヒダス」は、大腸がんのリスクを抑えると言われています。
まだ、昔から美容の敵である「便秘」に関しては、明治「ブルガリア」やダノン「BIO」が、とても適していると言います。

そしてもう1つ、フルーツとの相性も抜群なヨーグルトは、食後のデザートとして、味覚を楽しむことができる食品でもあるのです。

容器には、乳酸菌の含有量がきちんと表記されているため、数値を見ながら健康管理をしたい方にも、とてもオススメな「ヨーグルト」!
そのまま頂くことはもちろんのこと、お料理にも活用できるヨーグルトは、お店に行けばいつでも購入できる、私達に一番身近な乳酸菌だと思います!

植物性乳酸菌サプリは手軽に続けられると人気です
こちらでも紹介されていますが、サプリだと手軽に続けられると人気があるそうです。特に最近では植物由来の乳酸菌を選ぶ人が多いのだそうです。

アレルギーやアトピーに悩む人におすすめの乳酸菌
乳酸菌と聞くと腸内の環境を整えて善玉菌を増やし、便秘を解消してくれる働きがあるということは誰でも知っているかと思いますが、一口に乳酸菌と言っても様々な種類があり効果も異なります。そこで、特にアレルギーが原因となっている花粉症やアトピー性皮膚炎の諸症状に悩む人におすすめの乳酸菌を紹介します。

一つ目は、酒かすから分離された植物性乳酸菌K-2です。こちらはお菓子メーカーの亀田製菓が開発した乳酸菌で、アレルギーの原因となる細胞の過剰な働きを抑え花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などの諸症状を緩和してくれます。亀田製菓から出されている小さな子ども向けのお菓子に含まれており、アレルギーに悩む子どもさんにも気軽に摂取できるように工夫されています。
次におすすめなのは、飲料メーカーのカルピスが開発したL-92乳酸菌です。こちらの乳酸菌も、腸内の善玉菌を増やし体内の免疫バランスを整えてアレルギー

の症状を抑える働きがあります。またL-92には体内の免疫力を高めるので、アレルギーだけでなく風邪やインフルエンザ予防にも効果があります。こちらは、飲むヨーグルトのドリンクタイプやサプリメントで摂取することができます。

乳酸菌を摂るときに大切なのは、毎日継続して乳酸菌を摂取することです。継続して続けることで、体内の免疫バランスが整いアレルギーに悩まされない快適な生活を送ることができるでしょう。

乳酸菌はヨーグルト+オリゴ糖で効率よくお手軽に♪

最近お腹の張りやおならの匂いが気になります。
仕事中は座りっぱなしなので、腸内環境が良い気はしません。

腸内環境を整えるには、乳酸菌とその餌となり働きを助けるオリゴ糖を取ると良いと勧められました。
一部の乳酸菌は腸内に常在し、他の病原微生物と拮抗することによって腸内環境を整えるのに役立っていると考えられています。

製剤技術や新しい乳酸菌株の開発によって、生きたままの乳酸菌を腸に到達させることが可能になりましたが、生きて腸に届いた乳酸菌は、腸内に住み着き増殖することはないことも分かりました。摂取した乳酸菌は腸内に住み着かないことから、定期的な摂取が必要になります。
続きを読む “乳酸菌はヨーグルト+オリゴ糖で効率よくお手軽に♪”

乳酸菌を日常的にこまめに摂る方法

乳酸菌は私達が生きていく上で必要な栄養素です。乳酸菌が不足していると便秘やお肌にも影響を及ぼしてしまいます。

基本的に食生活を正していれば、便秘やお肌のトラブルなどの影響はありません。
しかし特定の栄養素が不足していると、やはり体内に悪影響を与えてしまう恐れがあります。

その代表例が乳酸菌です。乳酸菌は食物繊維やビタミンと同様、日常的に積極的に摂取するべき栄養素なのです。

では乳酸菌をどのように日常的に摂取していけばいいでしょうか?
まずは朝食と間食の時間帯に乳酸菌を摂取することが望ましいです。

そうすることで、乳酸菌の総摂取量が多くなり、体が健康になっていきます。
乳酸菌でまず代表的なのがヨーグルトとヤクルトです。
続きを読む “乳酸菌を日常的にこまめに摂る方法”

乳酸菌のオススメな飲み物と効率的な飲み方

乳酸菌というのは腸内環境を整えて、宿便を排出しやすくなったり、肌荒れなどの悩みなどを解消するために必要欠かせない栄養素になります。今の日本人は乳酸菌が絶対的に不足しており、

乳酸菌が足りていない状況になっています。それを解消するためには日頃から乳酸菌を摂取しておく必要があります。

ではどんな乳酸菌を摂取しておけばいいのでしょうか?それは簡単です。ヤクルトとヨーグルトを日頃から摂取しておくことを意識しておけばいいのです。
続きを読む “乳酸菌のオススメな飲み物と効率的な飲み方”

乳酸菌を摂るのにいいタイミングってあるの?

乳酸菌という言葉を聞いた時、まず最初にヨーグルトなどの乳製品が思い浮かびますよね。

実はこれらの乳酸菌は腸内に定着することなく、わずか数日で排泄されてしまうんです。
だからこそ、腸内環境を改善したい、と考えた時に、毎日絶えず乳酸菌を続けて補給してあげることが大切になるんですね。

もし続けて摂って一旦腸の調子がよくなったとしても、そこで止めたら意味がありません。
できるだけ長く、続けて摂取し続けましょう。
続きを読む “乳酸菌を摂るのにいいタイミングってあるの?”

乳酸菌摂取はサプリがお勧め

乳酸菌の摂り方というとヨーグルトを連想してしまいがちですが、実はヨーグルトでの乳酸菌摂取は思ってるほどの効果はないんです。
理由は胃酸で乳酸菌が分解されてしまう為で、活きたまま腸内に届かせるには工夫が必要だったりします。

具体的には胃酸耐性のある乳酸菌配合ヨーグルトを食べる、大量にヨーグルトを食べて胃酸で全滅しないだけの乳酸菌を摂る、胃酸濃度が薄い時にヨーグルトを食べる、こういったことを意識してヨーグルトを食べないとあまり効果がないんです。
そこでお勧めなのが乳酸菌サプリです。

乳酸菌サプリの場合、乳酸菌は胃酸耐性のカプセルに包まれているのでただ飲むだけで活きた乳酸菌を腸内に届けることが簡単に出来るんです。
しかもカロリーはほとんどありません。
続きを読む “乳酸菌摂取はサプリがお勧め”

乳酸菌を摂るなら飲むヨーグルト!

乳酸菌と言えばヨーグルトですが、手軽さや長続きするならやはり飲むヨーグルトです。

便秘解消のため、腸内環境改善の為、以前までヨーグルトを毎日食べていましたが、結構たくさんたべなければ効果がありませんでした。またトッピングのハチミツやグラノーラ、ブルーベリーソースなど飽きがこないように手を変え、品を変えて摂取するのも結構手間がかかります。しかも毎日食べていても毎日お通じがあるとは限りません。

摂りやすい飲むヨーグルトに変えたところ、毎日お通じがありました。
食べるヨーグルトに比べ、飲むヨーグルトは、牛乳や水を加えて液体にしたようなイメージや栄養価が少ないイメージがありますが、乳酸菌やカルシウムは食べるヨーグルトと変わりません。
続きを読む “乳酸菌を摂るなら飲むヨーグルト!”